印刷に関する資料懸垂幕大判出力について

印刷手引

歴史

insatu

印刷の歴史は、アジアとヨーロッパを中心に展開された。しかし、その発展の形は異なったものである。最初期はアジアで隆盛し、後にヨーロッパも発展した。日本には、現存する世界最古の印刷物で8世紀に作られた「百万塔陀羅尼(ひゃくまんとうだらに)が存在している。これは、「陀羅尼」と呼ばれる仏教上の呪文を記したものである。元々その名の通り大量に製造されたが、現在では、国立国会図書館や博物館に展示され散り散りになっている。

ヨーロッパの隆盛はアジアに比べて遅い時期に始まる。1450年に、ドイツの「ヨハネス・グーテンベルグ」の開発した「金属活版印刷機」により急速に発達した。関西学院大学の発行した資料によると、グーテンベルグ以前のヨーロッパの書物はほぼ全て写本である。写本は当時非常な高級品であった。マンパワーで作られるため、製作数もとても少なく、特権階級のみが手にする事ができるものであった。かつ、ヨーロッパの国々の識字率の低さも技術の発展を妨げたともされる。

発展

rekisi

アジアでは、その後独自発展がめざましくなる。、アジアでは浮世絵などに代表される絵画などにもその技術は応用された。江戸時代には木版が普及した。娯楽書も江戸時代には多数発行された。しかし、成蹊大学日本文学科の資料によると、江戸時代後期の日本の書物の40%は写本であった。このことから、日本では技術の停滞が起こっていると考えられている。

対してヨーロッパは、凹版印刷などによる絵画の作成が行われた。しかし、そのメインはあくまで文字のプリントであった。
中近世のヨーロッパの書籍冊数の調査で、グーテンベルク以前にヨーロッパで発行された書物は1億冊程度であった。
それに対し、グーテンベルク以後20億冊に増えたというデータを計測するに至ったのである。

書物以外

日本では、古来から本や文書等を中心にその技術が用いられたが、芸術分野でもその技術は応用された。
技術発展に伴う大判出力化が可能になり、浮世絵等は大型のものから小型のものまで様々なサイズが存在している。浮世絵のテーマは、美人画、演劇、文学、和歌、風俗、伝説と奇談、肖像など多用である。しかし、技術の発展に伴い、多用なテーマの作成、大量生産が可能になったのである。

一方ヨーロッパでは、日本ほどでは無いにしろ印刷技術は芸術にも応用された。凹版印刷により書物に挿絵や郵便切手などで用いられたのである。この技術は、現代でもパスポート偽装防止などに用いられている。同じ絵画用の印刷技術だが、日本と比べ実用的な切手などにその効果が応用できる発展を見せている。

トップ

新着情報

2013/10/15
宗教革命を更新しました
2013/10/15
広告を更新しました
2014/03/19
横断幕を更新しました